段々と寒い日が多い季節になってきましたね。
冷えに悩まされている方も多いのではないでしょうか?
この機会に温活を始めてみませんか?

温活とは、日々の食事や生活習慣を通して意識的に体を温め、平熱を上げる活動を指します。体を温めるためには、毎日の食習慣や運動習慣、入浴など、さまざまな方法が挙げられます。

 

 ●温活のメリット

生活習慣や筋肉量不足、ストレスなど、体が冷えてしまう原因はさまざま。体が冷えると寒さを感じるだけでなく、疲労感や肩こり、むくみのほか、不眠や便秘、さらには生理痛の悪化など、多くの不調が引き起こされやすくなるといわれています。
温活を通して体を温め、血流が促進されると、このような冷えによる不調の改善が期待できるでしょう。

 

●おすすめの温活方法

1.毎日ぬるめのお湯にしっかり浸かる

毎日ぬるめのお湯にしっかり浸かる38~40℃の湯船にしっかり浸かることで、血行が促進され体も温まるため、季節を問わず、湯船での全身浴をおすすめします。より血行を良くする効果がある、炭酸入りの入浴剤を入れてもいいでしょう。
お湯に浸かる時間は、20分程度が◎。長く浸かりすぎると反対に疲れてしまったり、のぼせたりするため注意が必要です。

 

▼おすすめ商品

EMS Scalp Head SPA

お風呂時間のヘッドスパはいかがでしょうか?
EMS×バイブレーション3種のアタッチメントで頭皮&ボデイケア&フェイス・リフトケアが可能です。

 

『薬用BARTH中性重炭酸入浴剤』

有効成分である炭酸水素ナトリウムには重炭酸イオンが多く含まれ、お湯を中性にすることで、長く湯中に溶け込みます。この重炭酸イオンを豊富に含んだお湯が温浴効果を促進。疲労回復を促します。

 

2.体を積極的に動かして筋力アップ

運動不足やダイエットによって筋肉量が減ったり、血行が悪くなったりすると、代謝や熱生産の働きも低下し、冷えの原因に。体を積極的に動かして血行を促しつつ、筋肉量をキープすることが大切です。運動が苦手な方も、まずはウォーキングやストレッチなど、簡単なエクササイズを生活に取り入れてみましょう。
ストレッチは、特に女性が冷えやすい首から肩、二の腕と、太ももの内側を重点的に刺激すると◎。

 

▼おすすめ商品

エクサガン ホット&クール

温熱&冷却機能が搭載されたマッサージガン。
運動後の身体のケアにオススメです。

 

ホームジャンプ グッディ

自宅で手軽にトランポリン運動。
クッション型なのでインテリアにもなじみ、いつでも好きな時に運動ができるのでおすすめです。 

 

3.ストレスや寝不足の改善

ストレスがたまっていたり、寝不足が続いていたりするとホルモンバランスが崩れ自律神経の乱れにつながってしまう可能性があります。
自律神経が乱れることで、身体で作られた熱が全身に行き渡りにくくなり、血流が悪くなってしまうことが…。
良質な睡眠を心がけてストレス軽減に努めることがオススメです。

 

▼おすすめ商品

MOGU雲にのる夢枕

睡眠の質の向上が期待できるパウダービーズ®「全身枕」がおすすめです!
しっとり・ふわふわの雲にのっているような体感で、全身をふんわり支えてカラダとココロを癒してくれる、新発想の枕です。

 

【ドクターエア】3Dアイマジック



繰り返し使える充電式のアイマスク。温熱・バイブレーション・エアープレッシャーの3つのシステムで目をケアし、 目元をじんわりあたためて良質な睡眠へ運んでくれます。

   

~おわりに~
温活できちんと効果を得るためには、体を冷やさない食事や習慣を毎日継続することが大切です。また、原因がわからない体の不調にお悩みの場合、原因のひとつに体の冷えが隠れている可能性もあります。毎日、入浴はシャワーだけという方や冷たい食べ物・飲み物をつい食べてしまう方、運動不足を感じている方などは特に、体を温める生活習慣を意識してみることをおすすめします。

  

こちらのページでご案内している商品が今なら10%OFF!

 <対象商品>

▼お風呂で温活
EMS Scalp Head SPA ※10%OFFのためクーポン対象外※
『薬用BARTH中性重炭酸入浴剤』

▼運動習慣改善で温活
エクサガン ホット&クール
ホームジャンプ グッディ

睡眠改善で温活
MOGU雲にのる夢枕
【ドクターエア】3Dアイマジック